コンテンツにスキップ
株式会社グラフィコ~「なかったコトに!」開発秘話~

株式会社グラフィコ~「なかったコトに!」開発秘話~

初めまして、こんにちは。 株式会社グラフィコの太田と申します。 今回は、当社グラフィコの紹介と、「なかったコトに!」の開発経緯を知ってもらえたらなと書かせていただきました。 少しでも「なかったコトに!」について知っていただけると嬉しいです!

グラフィコってどんな会社?

コラム画像1

当社の創業は1993年で、実はデザイン事務所からスタートしております。     

 1996年に化粧品広告のクリエイティブスタジオとして発足し、大手化粧品会社や女性マーケットのクリエイティブ・マーケティング・商品企画までを任される外部シンクタンクとして活動しておりました。そののち2004年にメーカー化したバックグラウンドがあるため、パッケージや販促物などのデザインや訴求コピー、商品名等については強いこだわりを持っています。

 また、グラフィコの商品は独特性があり、【他の製品が真似できない特徴がある】商品だと考えています。そして思わず「くすっ」と笑って頂けるような、気持ちが楽しくなるような遊び心も魅力です。

  創り手も笑顔で、使う人も必ず笑顔にする、そんなグラフィコならではの商品創りを心がけています。

「なかったコトに!」という商品も、「面白いね!」とご評価いただくことが多い商品です。
「なかったコトに!」の名前自体に強い独自性がありますし、ある意味、名前そのものが差別化力を持っていると考えています。そして、実際に商品力としても評価され、継続して売れ続けていることが強みだと思います。

「なかったコトに!」 の開発経緯について

コラム画像2

現在の「なかったコトに!」は、実は2代目の商品となります。初代は、2003年に「ハリウッド48時間ミラクルダイエット」というファスティングジュースがありまして、「なかったコトに!」は、このファスティング後のリバウンドを防止するためのダイエットサプリメントとして開発された商品でした。その後、残念ながら一度販売が終了したのですが、多くの社員からの強い希望により、しばらくたった2009年に大リニューアルし、パッケージも新たに新商品として発売に至った商品なのです。

 もともと「なかったコトに!」は、社内のスタッフ達にもとても人気の商品で、普段の食事の時以外でも、仲間で「飲みに行きましょう!」「焼肉に行きましょう!」といった時には、社長をはじめ、全員が必ずといっていいほど、この「なかったコトに!」 を持ってお店に向かっていました。

そして「乾杯!」の前には「なかったコトに!」を皆で飲む、というのがほぼ習慣となっていたのです。

 「なかったコトに!」 は、「今日は心おきなく、思いっきり食事を楽しみたい!」という願いを叶えてくれ、「食べ過ぎた後の罪悪感」から救ってくれる、本当に頼りがいのある「お守りサプリ」として人気がありました。ですので、一時期販売終了になってしまった時にはあちらこちらで悲鳴が起こっていました(涙)

残念ながら販売終了になってしまった後は、わずかながら残っていた在庫を、社内で奪い合うように使っていて…(笑)その後、残っていた在庫品も無くなってしまい、その頃の新商品会議の中で、「なかったコトに!」というとても面白いネーミングの商標があるのだから、使用しないのはもったいない! そして、愛用していた社員たちからも「『なかったコトに!』が欲しい」と声が上がっていたこともあり、2009年に再発売に至ったのでした。

「なかったコトに!」を発売した2003年頃は5,000円以上するダイエット商品が瞬間的にヒットする時代でした。しかし、再販時の2009年は、リーマンショック後の時代で、低価格帯が求められる傾向があり、そして、ドラッグストアのダイエット食品の棚が縮小傾向で商品総数が減少していました。
そうした時代のニーズに合わせて、「なかったコトに!」 の商品設計を見直しました。 もともと体感性がありましたので基本的な処方は変えず、時代に適した価格帯にしてパッケージも改めています。

2009年「なかったコトに!」誕生。その配合内容とは…

コラム画像3

パッケージデザインはゼロから考え直し、和テイストで薬袋のような少しまじめなデザインにして、ネーミングとのバランスをとり、とにかく強みである「なかったコトに!」が引き立つようにリニューアルしました。

処方については主要な部分は変更せず、白インゲン豆エキス、ハス葉エキス、サラシアエキス等をベースをしており、その他の部分で手を加えました。
マルチな働きを持たせたいと考え、α-リポ酸やL-カルニチンなど燃焼系の成分も追加し、食べ過ぎによるむくみ等の悩みにも対応させました。利用者の環境や食生活を考えながら、複合的・二次的に「この働きを持たせれば助かるだろうな」というものを取り入れています。

 また、従来は水無しでも飲める味付きの顆粒品のため、設計上どうしても価格が高くなっていました。そこで、一般的な打錠に変更し、当時の価格の半分以下にまで下げることができました。また、飲まれる方の体感に少しでも寄与できればと、食事とダイエットの悩みに対して様々な角度から処方を組み、それらの各要素を総合することで相乗効果の期待と他とは違う体感性が感じられるよう工夫を施しています。

 以降、2013年にも主要成分の増強や粒数を増加したり、2021年にも主要成分はそのままに、さらに栄養バランスにも配慮した調整等を行い、常に時代のニーズに合わせ、お客様のお声を聞きながら、リニューアルを行っています。
2021年のリニューアルでは、体内では作りだせず、食事でしか摂れない栄養素の中でも特に普段の食事で摂りにくいビタミンやミネラル等の栄養素を強化しています。さらに、体づくりに欲しい人気の成分などもバランスを考えて開発し、改めて、新しく生まれ変わることができました。

「なかったコトに!」 をおすすめしたい方とは?

コラム画像4

「毎日の食事を思いっきり楽しみたい!」「食生活で食べる楽しみは削りたくない」――、といった方々ヘ「なかったコトに!」はおすすめです。

 大前提として、適度な運動をすることが大切ですし、最低限やっていただく必要はあると思いますが、働いているとなかなかそうした時間も充分に取れない方も多いと思います。 さらに、ストレスを解消する選択肢の中で、食事は常に上位に挙がってきます。

「毎食の食事はおいしく食べたい。」――「なかったコトに!」は、そういった気持ちを応援する商品になっています。  成分の選定基準として、基本的にはエビデンスがあることを基準に考えています。一方で、エビデンスがあっても体感を感じにくい素材もあるため、できるだけ長い期間、社内・外でモニターを実施するようにしています。健康食品に係わらずどんな商品についてもですが、効果がありお客様を笑顔にするものでなければ商品化しません。それが社内の理念になっています。  お客様に"必ず喜んでいただけるものを"という方針で、エビデンスがあり、体感できることを第一に考えていますね。

 再販した当時から、ダイエットをサポートするサプリメント市場は、1~2年で廃版になることが当たり前でした。
そうした中で4年、5年と続き、13年経った現在も販売させていただくことができているのは、お客様から喜んでいただけて、選んでいただけている結果だと考えております。
散々ダイエットを繰り返してきていた方から「なかったコトに!を飲んで太りにくくなった」等のお声をいただいており、「なかったコトに!」を心の支えとして、お守り的に飲まれる方もいるようです。

まとめ

「なかったコトに!」はおかげさまで、2021年12月末までの出荷数で、シリーズ累計779万個(2009年5月発売からの実績)となり、種類別では大容量のお徳用パックが伸び続けています。初めての方は126粒の導入タイプから試されると思うのですが、その後は大容量タイプへとリピート購入していただいております。

長年「なかったコトに!」を続けていただいている方はもちろん、より多くの方々にも「なかったコトに!」商品を知っていただき、これからもご満足いただけるように努めてまいります!