何とかしたい夕方のむくみ

何とかしたい夕方のむくみ

「毎日夕方になると足がパンパン」
「長時間のデスクワーク・立ち仕事がつらい」
「ダイエットしているけれど、脚のむくみだけが無くならない」
このような悩みは、できることなら早く解消したいですよね。

脚のむくみは、血行不良や塩分の摂りすぎが原因で起こることが多く、セルフケアで解消できる場合も多くあります。

この記事では以下について詳しく解説していきます。

・むくみの原因について
・むくみのセルフケアについて
・むくみケアに人気の「ヒハツ」について

また、夕方の脚のむくみ軽減におすすめのサプリ『なんとかしたい 脚のむくみ!』についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

そもそもむくみの原因は


毎日のつらいむくみがあると疲れやだるさも感じやすくなってしまうので、できるだけ早く解消したいですよね。
そもそも、どうしてむくみが起きてしまうのでしょうか。

むくみは以下の①〜③によって、血液や血液中の水分の流れが滞ってしまうことが原因で起こります。

①重力・筋力低下
②塩分の摂りすぎ
③その他・疾患によるもの

①重力・筋力低下と②塩分の摂りすぎについては、セルフケアで対策が可能です。ここでは原因の解説と自分でできる対策方法をご紹介しますので、ぜひご自分でチャレンジしてみてくださいね。

①重力・筋力低下
血液は心臓のポンプ機能によって全身を循環していますが、心臓から遠い部位では重力に負けて血液が心臓へ戻りにくく、血行不良やむくみを感じやすいです。
例えば、夕方になると顔が朝よりほっそりしていたり、逆にふくらはぎがパンパンになっていたりする場合は、重力の影響によってむくみが起きていると考えてよいでしょう。

さらに、筋力の低下による血行不良でむくみが起きやすくなります。
特に「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋力が落ちると、血液が心臓に戻りにくい状態が続くため、むくみの原因になると考えられます。
ちなみに、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしは、ふくらはぎの筋肉が使えていない状態でむくみやすいです。このような時は、かかとを上げて下ろす「かかと落とし」を定期的に繰り返しおこなうと、ふくらはぎの筋肉が動かせてむくみ解消につながります。

この他に、40℃前後のぬるま湯に浸かったり、ふくらはぎを優しくマッサージしたり、着圧ソックスを履いたりすることで、むくみが解消されやすくなります。
ただし、着圧ソックスは締め付けの強いものを長時間身につけると、血行不良を悪化させることがあるので注意しましょう。

②塩分の摂りすぎ
塩分を摂りすぎた場合、人の体は水分をため込んで体内の塩分濃度を一定に保とうとします。その結果、体内の水分が外へ出されずにむくんでしまうのです。

対策としては、普段の食事から塩分を摂りすぎないように気をつけるほか、塩分排泄に役立つカリウムを含む野菜や果物を積極的に食べることをおすすめします。
ただし、持病のある方は主治医や栄養士の栄養指導にしたがって食事をするようにしましょう。

③その他・疾患によるもの
女性の場合は、女性ホルモンの影響で生理前や妊娠にむくむことがあります。無理のない範囲で①でご紹介したセルフケアをおこなってみましょう。

また、甲状腺機能低下症・心不全・腎臓病・肝臓病などの疾患や医薬品の副作用によってむくみが起きる場合もあります。持病のある方や、急にむくみが気になるようになった方は、セルフケアをする前に医師に相談しましょう。

サプリでむくみのが軽減されるってホント?


最近、ドラッグストアや通販で様々なむくみ用のサプリやダイエット用のサプリが販売されていますが、このようなサプリで実際にむくみが軽減されるのか気になりますよね。

むくみケアやダイエットサプリの多くには、血行不良の改善や体内の余分な水分を排出することに着目した成分が配合されています。
むくみケアに人気の成分に、ヒハツ(別名:ナガコショウ、ロングペッパー)メリロートがあります。ヒハツとメリロートは、健康な方で夕方などの一時的なむくみが気になる方、デスクワークや立ち仕事が多い方におすすめの成分として知られています。
普段の食生活や生活習慣を気をつけた上で、このような成分が配合されたサプリを使ってみると良いでしょう。

ただし、上記の成分を配合したサプリは一時的なむくみを軽減するために販売されており、継続した効果が認められたものではありません。セルフケアをしたりサプリを飲んだりしてもむくみがずっと気になる方は、医師や薬剤師に相談して医薬品の使用を検討することをおすすめします。

また、日々の生活が忙しくて野菜の摂取不足や食事内容のかたよりがあり、むくみにお悩みの方には、カリウムやビタミン、食物繊維が豊富な青汁を習慣的に飲むのもおすすめです。

ご自分の生活スタイルに合わせてサプリや青汁を取り入れてみましょう。

気になる「ヒハツ」はどんな成分?


「むくみのサプリでメリロートはよく聞くけれど、ヒハツって何?」と思った方もいるのではないでしょうか。

ヒハツは、ナガコショウやロングペッパーとも呼ばれるコショウ科の植物で、食べることにより、血液の流れを良くする働きがあります。実際に香辛料や冷えを改善する生薬として使用されることもあります。

ヒハツに含まれる有効成分(ヒハツ由来ピペリン類)は、「健常な女性の夕方の脚のむくみ(病的ではない一過性のむくみ)を軽減する」機能があるとして消費者庁に認められている成分で、最近サプリにもよく使われるようになってきました。
20歳以上の健康な日本人女性に対しておこなった試験では、ヒハツ由来ピペリン類を摂取することによって、むくみの指標(細胞外水分比)が小さいこと、すなわちむくみが軽減されるということが確認されています。

ドラッグストアや通販で人気のむくみケアサプリ、なかったことに!シリーズの『なんとかしたい 脚のむくみ!』には、機能性表示成分としてヒハツ由来ピペリン類を配合しています。
”本品には、ヒハツ由来ピペリン類が含まれます。ヒハツ由来ピペリン類は、健常な女性の夕方の脚のむくみ(病的ではない一過性のむくみ)を軽減する機能があることが報告されています。夕方の脚のむくみが気になる女性に適した食品です。”
『なんとかしたい 脚のむくみ!』公式サイトより引用

なかったことに!シリーズ『なんとかしたい 脚のむくみ!』には、ヒハツ由来ピペリン類の他に、人気成分であるメリロートエキスも配合。1日1回2粒を目安に飲むことで、デスクワークや立ち仕事での夕方の脚のむくみ(※)の軽減をサポートします。お試ししやすい28粒入り包装で販売されているので、日頃のセルフケアとあわせて使ってみてはいかがでしょうか。
(※病的ではない一過性のむくみ)

まとめ


多くの女性を悩ませる夕方の脚のむくみ。今回の記事では、むくみの原因やむくみ軽減に使われるサプリについて解説しました。

・むくみの原因は、血行不良や塩分の摂りすぎがほとんど
・むくみはマッサージなどのセルフケアやバランスの良い食事で対策が可能
・セルフケアに加えてサプリを使うとより効果的
・ヒハツは夕方の脚のむくみ(※病的ではない一過性のむくみ)を軽減させる作用がある

脚以外のむくみや、セルフケアやサプリでもなかなか解消されないむくみは、何か病気が原因となっているかもしれません。早めに病院へ受診して原因を確認してくださいね。
『なんとかしたい 脚のむくみ!』を飲んで、すっきり軽やかな毎日を過ごしていきましょう!

※本記事は薬剤師監修のもと作成しております


古い記事